読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪で自分用に買ったお土産のこと。

どこでどうなったのかまったく記憶にないのだが、楽しみにしていたお菓子がみあたらない。連日忙しすぎて忘れていたので、週末に食べようと楽しみにしていたのに、そういえば鞄から出したかどうかもあやしい。

 

どこかで拾われたのだろうか、それとも置いた場所がわからなくなっただけで家のどこかで静かにかわいそうなことになっているのだろうか。

 

仕方がないので今年の災厄を一身に背負ってもらって、どこかへ供えたものとして諦めることにした。正確には1箱に8つほど入っていたはずなので、災厄は八等分されているかもしれない。