読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新宿歌舞伎町でテルマー湯に行けなかったはなし

あたらしくおぼえたこと さまざまな事象との関係 やりきれないきぶん 風呂こそすべて

ラクーア」こそ至高、の風呂めぐりでしたが、新宿に「テルマー湯」なる新しい極楽が登場したらしいという記事を見かけたので、さっそく平日の昼間から新宿へ出掛ける機会をのがさず利用しようと、仕事はさくさく済ませて足取りも軽くテルマー湯へ向けて出発しました。

 

新宿駅東口から歌舞伎町方面へ、てろてろうきうき歩きながら、新宿もずいぶん来てなかったな、などと旧コマ劇場周辺のゴジラビルを見上げて、こんなところにあったんだとか楽しくふらふら歩いていたのですが。テルマー湯、どこでしょうか。

 

高級プリクラ機で撮影したようなおめめきらきら男子の看板が並ぶ地帯を抜け、フォトショップぎらぎら女子の看板が並ぶ地帯をさまよい、徐々に暮れ行く新宿歌舞伎町。出掛ける前にちらっと確認した地図では風林会館よりは南側だったはずで、新宿区役所周辺のはず。スパに行きたいのですよ、スパに。

立ち止まって検索するにはこの道ばたはイヤすぎる。しかし、今日はスパで過ごすことだけを楽しみにしてきたので、マクドナルドにすら立ち寄りたくない。もっと南側だったかと大通りまで戻り、さらに東西にうろうろすることほぼ三周。ネオンの明かりが眩しい時間となって、もうこれは、縁がなかったと思うしかあるまいの心境。

 

テルマー湯には行けなかったのです。

帰りの電車のなかで落ち着いて検索したら、ぐるぐる回っていた場所の道一本東側あたりに位置していたようです。まあ、こういうこともありますね。

場所が場所だけに、日中の利用以外はかなり躊躇できることは確認できたような気がします。朝まで滞在するか、朝から夕方までの利用にするか、JR新宿駅までのルートを考えるとそういう雰囲気です。最寄りの新宿三丁目駅まではそれほど距離もないのですが、深夜に歩き回りたい場所ではないです。人によるんでしょうが。

 

そんなくやしい思いをしたテルマー湯は、数日後にも楽しそうな紹介がされていました。いつかリベンジするしかなさそうです。

special.smartguide.yahoo.co.jp